コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新抄格勅符抄 しんしょうきゃくちょくふしょう

2件 の用語解説(新抄格勅符抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんしょうきゃくちょくふしょう【新抄格勅符抄】

日本古代の法制書。もと10巻以上から成ったらしいが,今は第十巻の抄録のみが伝存する。現存する部分は,神寺諸家の封戸に関する806年(大同1)の牒が主体をなすとみられ,ほかにそれと関連する太政官符などが収録されている。平安初期の神戸・寺封の戸数・所在・施入年時などを全般的に示した唯一の史料として重視される。《存採叢書》《新訂増補国史大系》所収。【飯田 瑞穂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新抄格勅符抄
しんしょうきゃくちょくふしょう

古代の法令集。『新抄格勅符第十巻抄(しんしょうきゃくちょくふだいじっかんしょう)』の略称。現存1巻。編者、成立年不明。内容は、966年(康保3)書写という奥書様の1行を境に前後に分かれ、前半は神封(しんぷう)部・寺封(じふう)部・諸家封部、後半は999年(長保元)・1001年の2官符からなる。内題から、まず神事(寺)・諸家の封戸(ふうこ)に関する806年(大同元)の牒(ちょう)があり、その抄出に追加・削除が行われ、後半の2官符が加えられ現存の形になったと推測されている。率川(いさかわ)神から益救(やく)神に至る170社の神戸数、大宰観音寺(だざいかんのんじ)から東大寺に至る24寺の封戸数などの具体的な独自史料を多く含む。
 現伝の諸本はすべて「醍醐報恩院(だいごほうおんいん)所蔵古本」を書写したものである。『新訂増補 国史大系27』に所収。[西宮秀紀]
『飯田瑞穂著「新抄格勅符抄」(『古代史籍の研究 中』所収・2000・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone