コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新抄格勅符抄 しんしょうきゃくちょくふしょう

2件 の用語解説(新抄格勅符抄の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しんしょうきゃくちょくふしょう【新抄格勅符抄】

日本古代の法制書。もと10巻以上から成ったらしいが,今は第十巻の抄録のみが伝存する。現存する部分は,神寺諸家の封戸に関する806年(大同1)の牒が主体をなすとみられ,ほかにそれと関連する太政官符などが収録されている。平安初期の神戸・寺封の戸数・所在・施入年時などを全般的に示した唯一の史料として重視される。《存採叢書》《新訂増補国史大系》所収。【飯田 瑞穂】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新抄格勅符抄
しんしょうきゃくちょくふしょう

古代の法令集。『新抄格勅符第十巻抄(しんしょうきゃくちょくふだいじっかんしょう)』の略称。現存1巻。編者、成立年不明。内容は、966年(康保3)書写という奥書様の1行を境に前後に分かれ、前半は神封(しんぷう)部・寺封(じふう)部・諸家封部、後半は999年(長保元)・1001年の2官符からなる。内題から、まず神事(寺)・諸家の封戸(ふうこ)に関する806年(大同元)の牒(ちょう)があり、その抄出に追加・削除が行われ、後半の2官符が加えられ現存の形になったと推測されている。率川(いさかわ)神から益救(やく)神に至る170社の神戸数、大宰観音寺(だざいかんのんじ)から東大寺に至る24寺の封戸数などの具体的な独自史料を多く含む。
 現伝の諸本はすべて「醍醐報恩院(だいごほうおんいん)所蔵古本」を書写したものである。『新訂増補 国史大系27』に所収。[西宮秀紀]
『飯田瑞穂著「新抄格勅符抄」(『古代史籍の研究 中』所収・2000・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新抄格勅符抄の関連キーワード近江令坂本太郎石底法制佐伯利麿笹山晴生直木孝次郎早川庄八宮城栄昌吉田晶

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone