コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島暉意 おおしま てるもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島暉意 おおしま-てるもと

1797-1846 江戸時代後期の商人。
寛政9年生まれ。文化14年尾張(おわり)(愛知県)犬山藩成瀬家の保護下にあった犬山窯を島屋宗九郎よりゆずりうける。京都粟田から轆轤(ろくろ)師をよんで,犬山焼の振興につとめた。弘化(こうか)3年2月2日死去。50歳。尾張出身。通称は太兵衛。屋号は綿屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大島暉意の関連キーワードティーク産業革命史(年表)蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュ稲村三羽

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android