コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿屋 ワタヤ

5件 の用語解説(綿屋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

わた‐や【綿屋】

綿を商う家。また、その人。
綿打ちを業とする家。また、その人。綿打ち。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

わたや【綿屋】

宮城の日本酒。酒名は、創業時の屋号「綿屋酒造」に由来。純米大吟醸酒大吟醸酒、特別純米酒などをそろえる。全国新酒鑑評会で受賞実績多数。原料米は山田錦、美山錦など。仕込み水は名水「小僧不動の滝」の上流域伏流水。蔵元の「金の井酒造」は大正4年(1915)創業。所在地は栗原市一迫字川口町浦。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

綿屋(わたや)

宮城県、金の井酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

わたや【綿屋】

綿をあきなう家。また、その人。
打ち綿を作る家。また、その人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綿屋
わたや

真綿(まわた)を販売する店。16世紀には綿売りという量り売りの女性の振売りがあった。17世紀には店売りができ、木綿(もめん)屋に対して真綿屋ともいった。真綿問屋から仕入れて店売りし、摘み綿(真綿を塗り桶(おけ)にかぶせて引き伸ばしたもの)も扱っていた。木綿屋では布だけでなく木綿(きわた)も扱った。19世紀後半になると、綿屋は真綿よりも木綿綿(わた)を多く扱い、ふとんなども売っていた。そこでは木綿綿の打ち直しもしていた。今日ではふとん屋とか寝具店が綿屋にあたる。[遠藤元男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

綿屋の関連キーワード加賀鶴桝川家久長神乃杉桂泉七福千松島福釜正宗房島屋和田龍

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綿屋の関連情報