犬山焼(読み)いぬやまやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬山焼
いぬやまやき

愛知県犬山市丸山で焼かれた陶器。丸山焼ともいう。江戸時代,宝暦年間 (1751~64) の創始。茶器類がおもで,天保2 (1831) 年頃から染付や乾山風 (→尾形乾山 ) の焼物も作られた。赤絵にすぐれた作品が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

いぬやまやき【犬山焼】

犬山市丸山の陶窯。宝暦年間(1751~1764)に始まる。乾山写しの製品が多く、赤絵付で桜花・楓かえでの絵を特徴とする。丸山焼。犬山乾山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いぬやま‐やき【犬山焼】

〘名〙 尾張国犬山付近の今井村、後に丸山村(愛知県犬山市今井)で焼いた陶器。奥村伝三郎が初代。初めは土器であったが、天保六年(一八三五)から赤絵付陶を作った。桜花と楓の絵、あるいは中国産の、いわゆる呉須赤絵のものが多い。〔尾張名所図会(1844)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬山焼の関連情報