コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬山焼 いぬやまやき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬山焼
いぬやまやき

愛知県犬山市丸山で焼かれた陶器。丸山焼ともいう。江戸時代,宝暦年間 (1751~64) の創始。茶器類がおもで,天保2 (1831) 年頃から染付や乾山風 (→尾形乾山 ) の焼物も作られた。赤絵にすぐれた作品が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いぬやま‐やき【犬山焼】

愛知県犬山地方で焼いた陶器。染め付け赤絵など各種のものがある。丸山焼。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬやまやき【犬山焼】

犬山市丸山の陶窯。宝暦年間(1751~1764)に始まる。乾山写しの製品が多く、赤絵付で桜花・楓かえでの絵を特徴とする。丸山焼。犬山乾山。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

犬山焼の関連キーワード尾関作十郎(初代)尾関作十郎(2代)島屋宗九郎加藤清蔵犬山道平大島暉意兼松所助近藤秀胤桜花陶窯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android