コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大島要三 おおしま ようぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大島要三 おおしま-ようぞう

1859-1932 明治-昭和時代前期の実業家,政治家。
安政6年2月15日生まれ。全国各地の鉄道工事請負で成功をおさめる。福島電灯,福島瓦斯(ガス)など数社の社長,役員として活躍。大正13年衆議院議員(当選2回)となり,憲政会,民政党に所属。昭和7年3月23日死去。74歳。武蔵(むさし)埼玉郡出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大島要三の関連キーワード実業家

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android