大平街道(読み)おおだいらかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大平街道
おおだいらかいどう

長野県南部,木曾山脈の南部を横断する街道。慶安2 (1649) 年木曾峠が開かれて以来,美濃や木曾谷伊那盆地の飯田とを結び,特に 1909年中央線が木曾谷南部まで開通してからは,名古屋方面と伊那との主要な交通路となった。伊那電鉄 (現 JR飯田線) の開通で重要性は薄れたが,第2次世界大戦後も往来に用いられた。南方に国道 256号線が開かれたために,現在はハイキング路となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android