コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭政世 おおば まさよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭政世 おおば-まさよ

1882-1939 明治-昭和時代前期の農民運動家。
明治15年2月14日生まれ。大正8年郷里島根県鹿足(かのあし)郡に日本初の産業組合病院である青原組合病院を開設。医療水準のひくい農村部では,産業組合利用事業の一環として医療事業を実施すべきと提唱した。昭和14年3月20日死去。58歳。京都農学校(現京都府立大)卒。旧姓小山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android