コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大庭政世 おおば まさよ

1件 の用語解説(大庭政世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大庭政世 おおば-まさよ

1882-1939 明治-昭和時代前期の農民運動家。
明治15年2月14日生まれ。大正8年郷里島根県鹿足(かのあし)郡に日本初の産業組合病院である青原組合病院を開設。医療水準のひくい農村部では,産業組合利用事業の一環として医療事業を実施すべきと提唱した。昭和14年3月20日死去。58歳。京都農学校(現京都府立大)卒。旧姓は小山。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大庭政世の関連キーワード電気事業恐怖映画日活(株)早稲田大学泉鏡花レーデラーフランス映画緑簾石角閃岩相DA40梅屋勘兵衛(3代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone