コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大御 オオミ

デジタル大辞泉の解説

おお‐み〔おほ‐〕【大御】

[接頭]神・天皇に関する語に付いて、最高の尊敬の意を表す。「大御あかし(大御灯)」「大御け(大御食)」
[補説]後に、「おほむ」を経て「おほん」「おん」「お」と変化した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおいご【大御】

年長の女性を敬っていう語。 「かのふなゑひの淡路の島の-/土左」

おおみ【大御】

( 接頭 )
〔接頭語「おお」「み」を重ねたもの〕
神や天皇・皇族に関する語に付いて、きわめて高い尊敬の意を表す。 「 -稜威いつ」 「 -歌」 「 -神」 〔のちに、「おおん」「おん」「お」と変化した〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

大御の関連情報