コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大日本茶道学会 だいにほんちゃどうがっかい

3件 の用語解説(大日本茶道学会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大日本茶道学会
だいにほんちゃどうがっかい

裏千家の前田瑞雪門の田中仙樵 (1875~1960) が提唱した茶道の研究団体。 1898年に京都で設立 (初代会長鳥居得庵) ,1910年に東京に移った。のちに石州流や南坊流の研究を加えて独自な主張をし,現在では流派的な存在になっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

だいにほんちゃどうがっかい【大日本茶道学会】

茶道流派の一。田中仙樵により1898年(明治31)京都に創立。のち東京に移転。「秘伝開放」「茶道本来無流儀」のスローガンを掲げ、茶道の近代的復興を目指した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大日本茶道学会
だいにほんちゃどうがっかい

近代になって田中仙樵(せんしょう)によって新しくおこされた茶道流派の一つ。1898年(明治31)の創設以来、東京をはじめとする関東一円を中心に、全国に組織を拡大している。仙樵(1875―1960)は京都府天田(あまた)郡西中筋村(現福知山(ふくちやま)市)に生まれ、20歳で京都に出て、玄々斎千宗室(げんげんさいせんのそうしつ)の高弟前田瑞雪(ずいせつ)について茶道を学び、さらに円能斎(えんのうさい)千宗室より皆伝を受けた。学会の創設とともに初めての茶道機関誌『茶道学誌』を発刊。また浅田宗恭(そうきょう)、野崎兎園(とえん)について『南方録(なんぽうろく)』を究め、『茶道講義録』をはじめ多くの書を著した。その後、1910年(明治43)に東京で改めて学会を再興し、茶法の秘伝公開を行って茶道界に新風を送った。現在の会長は3代目の仙翁(せんおう)[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大日本茶道学会の関連キーワード深津宗味田中仙樵玄々斎裏千家千宗室三千家四家千家流四家(茶道四家)田中仙翁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大日本茶道学会の関連情報