仙翁(読み)センノウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐のう〔‐ヲウ〕【仙翁】

ナデシコ科の多年草。高さ約60センチ。全体に細毛が密生。夏、花びらの先が裂けた深紅色の5弁花を開く。中国の原産で、古くから観賞用に栽培される。仙翁花(せんのうげ)。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せんのう【仙翁】

ナデシコ科の多年草。中国原産。古くから観賞用に栽培。全体に細毛を密生。高さ50センチメートル 内外。葉は広披針形。夏、上方の枝に長い萼筒がくとうのある深紅色まれに白色の五弁花をつける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐おう ‥ヲウ【仙翁】

〘名〙
仙人のおきな。仙人。
※本朝無題詩(1162‐64頃)一〇・山寺即事〈藤原敦光〉「先遇仙翁丹竈洞、続談禅客白雲山」 〔常建‐仙谷遇毛女詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙翁の関連情報