田中仙樵(読み)たなか せんしょう

  • 田中仙樵 たなか-せんしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1875-1960 明治-昭和時代の茶道家。
明治8年9月3日生まれ。裏千家の前田瑞雪,13代千宗室に師事する。明治31年大日本茶道学会を設立,秘伝の開放や流儀の廃止を主張し,雑誌「茶道学誌」を発刊。後年茶書「南坊録」の研究で成果をあげた。昭和35年10月6日死去。85歳。京都出身。同志社英学校(現同志社大)卒。本名は鼎(かなえ)。別号に三徳庵,宗鼎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android