コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神号 しんごう

デジタル大辞泉の解説

しん‐ごう〔‐ガウ〕【神号】

神の称号。神の名。
神の格式性質を示すものとして、神名に付加する呼び名。皇大神・大神・明神・天神・権現・新宮・今宮など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

神号【しんごう】

神に対する称号。皇大神・大神・明神・天神,または若宮・今宮など。皇大神は天照大神(あまてらすおおかみ)に限られる。大神は豊受・賀茂・熱田・住吉・出雲の各神に,明神はさらに大明神とも称され浅間・住吉などに用いられる。天神はもと地祇(ちぎ)と区別する言葉であるが,菅原道真を天満天神と称して以後,一般にはその意味で使われている。神仏習合説によるもので,権現・菩薩・天王・王子などもあるが,明治維新後慣習による以外は廃された。若宮・今宮は本社と摂・末社の区別を神号として用いたものである。
→関連項目名神

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんごう【神号】

神としての称号。
神道で、神々の尊称として加え称する呼び名。皇大神すめらおおかみ・大神・明神・天神・権現・今宮・若宮など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神号
しんごう

本来の神名(じんめい)に対して、その神の性格によって加える称号をいう。尊崇の意による皇大神(おおみかみ)・大神(おおかみ)・明神(みょうじん)・菩薩(ぼさつ)・権現(ごんげん)・天王(てんのう)などと、区別して用いる天神(てんじん)・地祇(ちぎ)・正宮・新宮・今宮(いまみや)・王子、若宮(わかみや)などの例がある。皇大神(皇大御神(すめおおみかみ))は元来「天照坐皇大神(あまてらしますおおみかみ)」として天照大神のみの尊称であったが、のち豊受(とようけ)大神・春日(かすが)・熱田(あつた)・賀茂(かも)などの諸社に限って用いられた。大神(大御神)は古典には黄泉津(よもつ)大神、伊邪那岐(いざなぎ)大御神、猿田彦(さるたひこ)、住吉(すみよし)などの神名にみえるが、後世には信仰する神に対する尊称として広く用いられた。明神は社格を示した名神(みょうじん)と並称されたが、のちに明神が一般に通用され、また吉田家の執奏により大明神号が授けられ、多くの神社で大明神と称することが多くなった。仏説に拠(よ)る尊称として菩薩号(八幡(はちまん)大菩薩・妙理(みょうり)〈白山〉など)、権現号(箱根・熊野・東照(とうしょう)大権現など)、天王号(祇園(ぎおん)・藤森など)があるが、これらは明治以降は慣習による私称以外は禁ぜられた。また区別に用いる例として、神系による天神(あまつかみ)と地祇(くにつかみ)、本社・分社の別である本宮と新宮・今宮・王子、本社の御子神(みこがみ)としての若宮などがある。[牟禮 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神号の関連キーワード白神新一郎(初代)宇佐八幡宮託宣集英祖(沖縄)久能山東照宮宗源の宣旨水無瀬神宮多治比文子東照大権現亀戸天神社日光東照宮青葉神社高橋富枝車折神社神仏分離豊栄神社護王神社豊国神社伯家神道照国神社建勲神社

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android