コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大曾根 おおぞね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大曾根
おおぞね

愛知県名古屋市栄町の都心から北東 4kmの地点にあり,東区と北区にまたがる大曾根駅周辺の地区。城下町時代の名古屋の北東の玄関口で,名古屋と中山道を結ぶ下街道 (善光寺街道) や瀬戸街道の道筋にあり,宿場町の観があった。明治以降,中央本線,名古屋鉄道瀬戸線が開通して駅が東に設置されたので,旧大曾根に代って東大曾根一帯に商店街が形成された。その後市電が開通し,第2次世界大戦時の戦災もまぬがれて,繁華街として発展している。地下鉄名城線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大曾根の関連キーワードわが青春に悔なし三浦光子(2)小沢栄太郎久板栄二郎本朝神仙伝愛知(県)鶴八鶴次郎新書太閤記石川素堂東[区]藤原敦基具平親王蓬左文庫大江匡衡藤原明衡木下恵介

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android