コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木あまり おおき あまり

1件 の用語解説(大木あまりの意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木あまり おおき-あまり

1941 昭和後期-平成時代の俳人。
昭和16年6月1日生まれ。詩人・大木惇夫の3女。昭和46年「河」に入会し,角川源義に師事。54年進藤一考の「人」の同人となる。55年第一句集「山の夢」を刊行。平成2年長谷川櫂,千葉皓史と同人誌「夏至」を刊行。のち長谷川櫂主宰「古志」,矢島渚男主宰「梟」に入会。23年「星涼」で読売文学賞詩歌俳句賞。東京出身。武蔵野美大卒。本名は章栄(ふみえ)。句集はほかに「火のいろに」「雲の塔」「火球」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大木あまりの関連キーワード鷹羽狩行長谷川櫂岡田日郎岡本眸黒田杏子鈴木鷹夫福田甲子雄山田みづえ西村和子小川軽舟

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大木あまりの関連情報