コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角川源義 カドカワゲンヨシ

3件 の用語解説(角川源義の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かどかわ‐げんよし〔かどかは‐〕【角川源義】

[1917~1975]出版人・国文学者・俳人。富山の生まれ。辺見じゅんの父。折口信夫に師事。昭和20年(1945)に角川書店を創業、角川文庫・昭和文学全集などを刊行し成功を収めた。著作に「語り物文芸の発生」、句集に「ロダンの首」「西行の日」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

角川源義 かどかわ-げんよし

1917-1975 昭和時代の出版人,国文学者。
大正6年10月9日生まれ。折口信夫(しのぶ)に師事。昭和20年角川書店を創業。角川文庫,「昭和文学全集」を発刊,文庫や全集のブームのきっかけをつくる。また俳誌「河」を創刊・主宰。昭和50年10月27日死去。58歳。富山県出身。国学院大卒。著作に「語り物文芸の発生」,句集に「西行の日」。
【格言など】花あれば西行の日とおもふべし(「西行の日」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角川源義
かどかわげんよし
(1917―1975)

角川書店の創立者であり国文学者。大正6年10月9日富山県生まれ。1937年(昭和12)、当時国学院大学教授であった折口信夫(おりくちしのぶ)の学風にひかれ入学、1941年卒業。角川がたまたま手にした河合(かわい)栄治郎の著書の欄外に「目がつぶれるほど本が読みたい」という書き込みがあるのに感動し、1945年(昭和20)11月に角川書店を創業したといわれる。1949年角川文庫を発刊。第二次世界大戦後の第一次文庫ブームの端緒になる。1952年『昭和文学全集』全60巻を発刊、爆発的売れ行きで全集ブームの契機をつくる。角川の学問への情熱は厚く、1961年『語り物文芸の発生』で文学博士の学位を受ける。1964年以降、国学院大学文学部講師を務める。句集『ロダンの首』などがある。昭和50年10月27日死去。[清田義昭]
『『ロダンの首』(1956・近藤書店) ▽角川源義著『雉子の声』(1972・東京美術) ▽『語り物文芸の発生』(1975・東京堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

角川源義の関連キーワード黒人問題TGE-A型 軍用保護自動貨車三東ルシア採石業EA-71世界女性会議三菱A型文学革命藤間勘右衞門超伝導

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

角川源義の関連情報