コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木惇夫 おおきあつお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大木惇夫
おおきあつお

[生]1895.4.18. 広島
[没]1977.7.19. 東京
詩人。本名,軍一。筆名は篤夫も用いた。広島商業学校卒業。 1921年『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選。小田原に移り,北原白秋の門に入り,25年処女詩集『風・光・木の葉』を刊,白秋の抒情を継承した香気ある詩風で詩人としての地位を定めた。ほかに『秋に見る夢』 (1926) ,『危険信号』 (30) ,『冬刻詩集』 (38) ,『物言ふ』 (49) ,『失意の虹』 (65) などの詩集がある。第2次世界大戦中には愛国詩や歌謡曲の作詞で人気を得た。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木惇夫 おおき-あつお

1895-1977 大正-昭和時代の詩人。
明治28年4月18日生まれ。博文館に勤務中の大正10年「大阪朝日新聞」の懸賞小説に入選する。北原白秋に師事,14年第1詩集「風・光・木の葉」を発表。歌謡曲の作詞に「国境の町」がある。昭和52年7月19日死去。82歳。広島県出身。広島商業卒。本名は軍一。詩集はほかに「危険信号」「失意の虹」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大木惇夫
おおきあつお
(1895―1977)

詩人。広島市の生まれ。本名軍一、初期の筆名は篤夫。広島商業学校卒業。上京後、植村正久より受洗。北原白秋の知遇を得て『詩と音楽』に詩作を発表。詩集は『風・光・木の葉』(1925)以下『失意の虹(にじ)』(1965)など15冊、繊細な短歌的叙情に特色をみせる。児童文学や歌謡曲の作詞、白秋の伝記小説『天馬のなげき』(1951)もある。[角田敏郎]
『『大木惇夫詩全集』全3巻(1969・金園社) ▽藪田義雄著「大木惇夫」(『現代詩鑑賞講座5』所収・1968・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

大木惇夫の関連キーワード忘れられた詩人の伝記/父・大木惇夫の軌跡大木あまり杵屋 正邦昭和時代

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大木惇夫の関連情報