コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大木惇夫 おおきあつお

3件 の用語解説(大木惇夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大木惇夫
おおきあつお

[生]1895.4.18. 広島
[没]1977.7.19. 東京
詩人。本名,軍一。筆名は篤夫も用いた。広島商業学校卒業。 1921年『大阪朝日新聞』の懸賞小説に当選。小田原に移り,北原白秋の門に入り,25年処女詩集『風・光・木の葉』を刊,白秋の抒情を継承した香気ある詩風で詩人としての地位を定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木惇夫 おおき-あつお

1895-1977 大正-昭和時代の詩人。
明治28年4月18日生まれ。博文館に勤務中の大正10年「大阪朝日新聞」の懸賞小説に入選する。北原白秋に師事,14年第1詩集「風・光・木の葉」を発表。歌謡曲の作詞に「国境の町」がある。昭和52年7月19日死去。82歳。広島県出身。広島商業卒。本名は軍一。詩集はほかに「危険信号」「失意の虹」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大木惇夫
おおきあつお
(1895―1977)

詩人。広島市の生まれ。本名軍一、初期の筆名は篤夫。広島商業学校卒業。上京後、植村正久より受洗。北原白秋の知遇を得て『詩と音楽』に詩作を発表。詩集は『風・光・木の葉』(1925)以下『失意の虹(にじ)』(1965)など15冊、繊細な短歌的叙情に特色をみせる。児童文学や歌謡曲の作詞、白秋の伝記小説『天馬のなげき』(1951)もある。[角田敏郎]
『『大木惇夫詩全集』全3巻(1969・金園社) ▽藪田義雄著「大木惇夫」(『現代詩鑑賞講座5』所収・1968・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大木惇夫の関連キーワード上田敏雄大関五郎長田恒雄加藤一夫国木田虎雄熊田精華沢ゆき前田鉄之助正富汪洋松本淳三

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大木惇夫の関連情報