大木戸森右衛門(読み)オオキドモリエモン

デジタル大辞泉の解説

おおきど‐もりえもん〔おほきどもりヱモン〕【大木戸森右衛門】

[1876?~1930]力士。第23代横綱。兵庫県出身。本名、内田光蔵。生年は明治11年(1878)とする説もある。大阪相撲で吉田司家から免許を受けた二人目の横綱。引退後、年寄湊(みなと)。→第22代横綱太刀山(たちやま) →第24代横綱鳳(おおとり)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大木戸森右衛門 おおきど-もりえもん

1876-1930 明治-大正時代の力士。
明治9年5月13日生まれ。29年大阪相撲の湊部屋に入門。36年入幕。38年大関となり,10場所で優勝6回(うち全勝5回)。43年大阪相撲協会より横綱免許状をあたえられたが,吉田司家の反対で紛糾。和解後の大正2年23代横綱となる。3年引退。昭和5年11月7日死去。55歳。兵庫県出身。本名は内田光蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android