大本百松(読み)おおもと ひゃくまつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大本百松 おおもと-ひゃくまつ

1891-1961 明治-昭和時代の実業家。
明治24年2月17日生まれ。40年郷里の岡山県連島町(倉敷市)で建設請負業大本組をおこし,大正7年兵庫県の播磨(はりま)造船所の指定請負人となる。昭和12年大本組を株式会社に改組して社長となり,新工法の研究開発をすすめた。昭和36年8月9日死去。70歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android