大根卸(読み)だいこんおろし

精選版 日本国語大辞典「大根卸」の解説

だいこん‐おろし【大根卸】

〘名〙
大根を生のままおろしがねでおろしたもの。おろし。おろしだいこん。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第一九「生板に釘山ほととぎす 村雨や大根おろしにふり雑り」
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「土地の習慣として焼たての芋焼餠に大根おろしを添へて」
② 大根などをおろす器具。おろしがね。おろし。〔日葡辞書(1603‐04)〕
雑俳・十八公(1729)「の山・鬼の大根おろし也」

だいこ‐おろし【大根卸】

〘名〙 「だいこんおろし(大根卸)」の変化した
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「かんじんの大根(ダイコ)おろしといふ所が大根がない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android