コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大梶忠左衛門 おおかじ ちゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大梶忠左衛門 おおかじ-ちゅうざえもん

1684-1754 江戸時代前期-中期の治水家。
貞享(じょうきょう)元年生まれ。初代大梶七兵衛の孫。出雲(いずも)(島根県)神門(かんど)郡の人。祖父遺志をついで,元禄(げんろく)13年来原岩樋(くりはらいわひ)を開削正徳(しょうとく)2年高瀬川の支流妙仙寺川をひらき,翌年には祖父がひらいた十間川に大石堰(ぜき)をきずいた。宝暦4年8月4日死去。71歳。名は朝則。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大梶忠左衛門の関連キーワード貞享

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android