コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森虎之助 おおもり とらのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森虎之助 おおもり-とらのすけ

1870*-1921 明治-大正時代の気象技術官。
明治2年12月27日生まれ。18年秋田測候所に採用される。25年富山県伏木測候所にうつり所長となる。大正10年9月26日の台風が迷走して,全国各地におおきな被害をあたえた際,その予報に失敗した責任をとり同年11月16日自殺した。53歳。羽後(うご)(秋田県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大森虎之助

没年:大正10.11.26(1921)
生年明治3?(1870)
明治大正期の気象学者。明治20(1887)年,18歳で秋田測候所に出仕,25年に富山県伏木測候所に配置換えになり,のち所長。蜃気楼の研究などで優れた業績を残したが,大正10(1921)年11月に台風が来襲,迷走して各地に甚大な被害を与え,北陸地方にもおよんだ際に,その予報に失敗した責任を感じて,海に入水の上自死した。のちに新田次郎が『迷走台風』という小説で大森を扱って有名になった。

(村上陽一郎)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大森虎之助の関連キーワード大正時代没年

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android