コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森虎之助 おおもり とらのすけ

2件 の用語解説(大森虎之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森虎之助 おおもり-とらのすけ

1870*-1921 明治-大正時代の気象技術官。
明治2年12月27日生まれ。18年秋田測候所に採用される。25年富山県伏木測候所にうつり所長となる。大正10年9月26日の台風が迷走して,全国各地におおきな被害をあたえた際,その予報に失敗した責任をとり同年11月16日自殺した。53歳。羽後(うご)(秋田県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大森虎之助

没年:大正10.11.26(1921)
生年:明治3?(1870)
明治大正期の気象学者。明治20(1887)年,18歳で秋田測候所に出仕,25年に富山県伏木測候所に配置換えになり,のち所長。蜃気楼の研究などで優れた業績を残したが,大正10(1921)年11月に台風が来襲,迷走して各地に甚大な被害を与え,北陸地方にもおよんだ際に,その予報に失敗した責任を感じて,海に入水の上自死した。のちに新田次郎が『迷走台風』という小説で大森を扱って有名になった。

(村上陽一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大森虎之助の関連キーワード岡田武松ハン中村精男石丸雄吉大谷東平小倉義光国富信一下野信之大後美保滑川忠夫

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone