コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

迷走台風 メイソウタイフウ

デジタル大辞泉の解説

めいそう‐たいふう【迷走台風】

複雑な進路をとる台風。夏に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めいそうたいふう【迷走台風】

不規則な経路をえがいて進行する台風。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

迷走台風
めいそうたいふう

不規則で異常な進路をとる台風。台風の進路に影響を与える上空の一般流(指向流)が弱くて乱れているとき、または複数の台風が相互に干渉しあう「藤原の効果」とよばれる現象のときに現れる。指向流の弱い8月に多く、まとまって多発する傾向がみられる。[饒村 曜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の迷走台風の言及

【台風】より

…中緯度を東進してくる気圧の谷がある程度深いと,台風はこの気圧の谷の東側の南寄りの風にのって北上して転向,その後は偏西風の影響を強く受けて北東進する。8月に迷走台風が多いのは一般流が弱いためであるが,台風と高気圧,あるいは他の台風や低気圧と相互作用をして複雑な動きをすることもある。たとえば二つの台風が接近するとある点を中心として反時計回りの回転をする(藤原効果)ことがあるが,これはお互いに他の台風によって流されるためである。…

※「迷走台風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

迷走台風の関連キーワード大森 虎之助大森虎之助天気俚諺経路迷走

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

迷走台風の関連情報