コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大森重光 おおもり しげみつ

1件 の用語解説(大森重光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大森重光 おおもり-しげみつ

1696-1726* 江戸時代中期の装剣金工。
元禄(げんろく)9年生まれ。江戸浅草にすみ,奈良派の市兵衛に師事したとも,初代土屋安親にまなんだともいわれる。家系から甥(おい)の英昌(てるまさ)をはじめ英秀(てるひで),英満(てるみつ)らの名匠が輩出し,大森派の祖とされる。早世のため作品はすくない。享保(きょうほう)10年12月死去。30歳。通称は文四郎,のち四郎右衛門。号は金竜峰。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大森重光の関連キーワード土佐光成御当家令条バンブラー山中一揆神呪寺戸田旭山名古屋玄医荻原重秀キッド古医方

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone