コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大樋長左衛門(初代) おおひ ちょうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大樋長左衛門(初代) おおひ-ちょうざえもん

1630-1712 江戸時代前期の陶工。
寛永7年生まれ。大樋焼創始者。京都にでて楽一入(らく-いちにゅう)に楽焼をまなぶ。寛文6年加賀金沢藩主前田綱紀(つなのり)の招きにより,裏千家4代千宗室とともに金沢にゆき,大樋町に窯をひらいた。作品は茶褐色の飴釉(あめぐすり)を特色とする。正徳(しょうとく)2年1月21日死去。83歳。河内(かわち)(大阪府)出身。本姓土師(はじ)。初名は長二。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大樋長左衛門(初代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android