コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大気遠近法 たいきえんきんほう aerial perspective

1件 の用語解説(大気遠近法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大気遠近法
たいきえんきんほう
aerial perspective

絵画における表現技法の1つ。空気の作用によって,物が遠方にゆくに従って色が青さを増し,色の彩度が減少し,物の輪郭が不明瞭になることに基づいて遠近感を表わす方法。レオナルドダ・ビンチによって初めて用いられた言葉 (→ターナー , ティツィアーノ , ルーベンス , シスレー ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大気遠近法の関連キーワード露点計視写メチエ鉤勒填彩遮断法空気圧河川作用局所作用の原理作絵ドビュッシー:夢(夢想)/piano solo

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone