彩度(読み)さいど

百科事典マイペディアの解説

飽和度とも。の三属性の一つ。明度色相の差を別にして,色の澄んだ感じ(あざやかさ)の度合をいう。スペクトル色に近いほど彩度が高い。数量的には,与えられた色があるスペクトル単色光と白色光の混合により再現されるとき,混合全体に対する単色光の割合で表され,これを純度という。→マンセル表色系色立体

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

色の属性の一つ。彩度ということばだけからは色のあざやかさということになるが,英語ではsaturation,つまり飽和度であり,全体の明るさに対する色みの割合ということになる。したがって白色の彩度は0であるが,単色光の彩度は必ずしも1ではない。とくに570nm近辺の光は明るくても色みの量は少なく彩度は低い。これに対し700nmの光は赤の色みの量の占める割合が大きく彩度は高くなる。しかし,日常ではもちろんのこと,色彩学の分野でも,このように厳密に割合という意味まで考えないで使用する場合が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 色の三属性の一つ。色のあざやかさの程度。色の純度。→色相明度。〔実用印刷技術(1957)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の彩度の言及

【色】より

…物体色の明るさはとくに明度と呼ぶが,マンセル表色系ではこれをバリューvalueといいVで表す。あざやかさは彩度,あるいはクロマchromaと呼び,簡略名はCであるが,その値は中心の無彩色を0とし,それから外にいくに従って2,4,……と数字を増やしていく。したがってCの値の大きいほうがあざやかさの高い色であることを表している。…

※「彩度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彩度の関連情報