コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江春塘 おおえ しゅんとう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江春塘 おおえ-しゅんとう

1787-1844 江戸時代後期の医師,蘭学者。
天明7年生まれ。前野良沢にまなぶ。豊前(ぶぜん)中津藩(大分県)の藩医。藩主奥平昌高の命をうけ,蘭日辞書「バスタール字引」(文政5年刊)の翻訳,編集に従事した。晩年は村上玄水とともに西洋医学を研究した。天保(てんぽう)15年6月20日死去。58歳。名は博文。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大江春塘の関連キーワード蘭学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android