コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大江知言 おおえ ともこと

美術人名辞典の解説

大江知言

国学者。豊前守広惟の長子祖先は平城天皇第三皇子贈一品阿保親王より出ず。加賀石部神社神主。幼少より和歌を好み芝山持豊卿を師とする。従五位下摂津守。大聖寺侯(菅生神官)の為に日本紀の訓点を命ぜられ衣服を賜わる。国学の普及したのは知言の功と云われた。弘化3年(1846)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大江知言 おおえ-ともこと

1774-1846 江戸時代後期の神職,国学者。
安永3年8月生まれ。加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)菅生石部(すごういそべ)神社祠官。芝山持豊の門にはいり和歌をまなんだ。和漢の学に精通し,大聖寺藩主前田利之(としこれ)の命で天保(てんぽう)2年「日本書紀」に訓点をほどこした。弘化(こうか)3年8月死去。73歳。加賀出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大江知言の関連キーワード国学者

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android