コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大沢雅休 おおさわ がきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大沢雅休 おおさわ-がきゅう

1890-1953 大正-昭和時代の歌人,書家。
明治23年12月17日生まれ。島木赤彦,橋田東声に短歌をまなび,大正12年群馬県で歌誌「野菊」を創刊。上京後比田井天来に書をまなび,昭和13年平原社を結成。作品に棟方志功(むなかた-しこう)との合作「裸振舞」がある。昭和28年9月12日死去。62歳。群馬県出身。本名は雅休(まさやす)。
【格言など】ひたむきにひとつのものを押しすすめ いゆかばよろしゆきつかずとも(墓碑銘)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大沢雅休の関連キーワード大沢 雅休

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android