コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋田東声 はしだ とうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋田東声 はしだ-とうせい

1886-1930 大正-昭和時代前期の歌人。
明治19年12月20日生まれ。大正2年北見志保子と結婚(のち離婚)。8年歌誌「覇王樹(はおうじゅ)」を創刊,主宰。10年第1歌集「地懐」を刊行。清明でおだやかな歌風で知られる。「万葉集」や正岡子規,長塚節(たかし)らに関する著作がおおい。昭和5年12月20日死去。45歳。高知県出身。東京帝大卒。本名は丑吾。評伝に「子規と節と左千夫」など。
【格言など】道のべに芭蕉の句碑ありかの翁(おきな)ここをとほりていづち行きけむ(「橋田東声歌集」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋田東声
はしだとうせい
(1886―1930)

歌人。高知県生まれ。本名丑吾(しゅうご)。初め濤声(とうせい)と号した。東京帝国大学法科大学卒業。明治大学講師を経て東京外国語学校(現東京外国語大学)教授。旧制第七高等学校在学時代『明星(みょうじょう)』社友となり中村憲吉、堀内卓造らと歌会をもつ。1917年(大正6)四海民蔵(しかいたみぞう)、臼井大翼(うすいたいよく)らと歌誌『珊瑚礁(さんごしょう)』を創刊。19年『覇王樹(はおうじゅ)』を創刊、主宰。温和な歌風で、歌集『地懐』(1921)のほか、『子規(しき)と節(たかし)と左千夫』(1929)など評伝、評釈の著書多数がある。[藤岡武雄]
 花店(はなみせ)の街路(とほり)に及べる灯影(ほかげ)ひろしそのなかを人ら行き過ぎてをり
『『現代日本文学全集90 現代短歌集』(1957・筑摩書房) ▽『子規と節と左千夫』(1975・五月書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

橋田東声の関連キーワード12月20日木村 捨録北見志保子松井 如流足立 直郎大沢 雅休木村捨録大沢雅休松井如流臼井大翼谷 馨歌人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android