コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橋田東声 はしだ とうせい

3件 の用語解説(橋田東声の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

橋田東声

歌人。本名丑吾。東京外語学校教授。短歌を19才で始め「青年」に投稿。正岡子規や長塚節等の研究す。「珊瑚礁」「覇王樹」を創刊主宰。昭和5年(1930)歿、94才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橋田東声 はしだ-とうせい

1886-1930 大正-昭和時代前期の歌人。
明治19年12月20日生まれ。大正2年北見志保子と結婚(のち離婚)。8年歌誌「覇王樹(はおうじゅ)」を創刊,主宰。10年第1歌集「地懐」を刊行。清明でおだやかな歌風で知られる。「万葉集」や正岡子規,長塚節(たかし)らに関する著作がおおい。昭和5年12月20日死去。45歳。高知県出身。東京帝大卒。本名は丑吾。評伝に「子規と節と左千夫」など。
【格言など】道のべに芭蕉の句碑ありかの翁(おきな)ここをとほりていづち行きけむ(「橋田東声歌集」)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

橋田東声
はしだとうせい
(1886―1930)

歌人。高知県生まれ。本名丑吾(しゅうご)。初め濤声(とうせい)と号した。東京帝国大学法科大学卒業。明治大学講師を経て東京外国語学校(現東京外国語大学)教授。旧制第七高等学校在学時代『明星(みょうじょう)』社友となり中村憲吉、堀内卓造らと歌会をもつ。1917年(大正6)四海民蔵(しかいたみぞう)、臼井大翼(うすいたいよく)らと歌誌『珊瑚礁(さんごしょう)』を創刊。19年『覇王樹(はおうじゅ)』を創刊、主宰。温和な歌風で、歌集『地懐』(1921)のほか、『子規(しき)と節(たかし)と左千夫』(1929)など評伝、評釈の著書多数がある。[藤岡武雄]
 花店(はなみせ)の街路(とほり)に及べる灯影(ほかげ)ひろしそのなかを人ら行き過ぎてをり
『『現代日本文学全集90 現代短歌集』(1957・筑摩書房) ▽『子規と節と左千夫』(1975・五月書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

橋田東声の関連情報