コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墓碑銘 ぼひめい epitaph

翻訳|epitaph

4件 の用語解説(墓碑銘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

墓碑銘
ぼひめい
epitaph

墓碑に刻んで故人を記念する銘文。一般に簡潔で奇警な表現のものが多い。最古のものは古代エジプトにまでさかのぼるが,深い感情を盛った詩文を付して,すぐれた表現となっているのは古代ギリシアのもので,エピグラムの形式により,シモニデスにおいて頂点に達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼひ‐めい【墓碑銘】

墓碑に刻んだ、死者の経歴や事績などについての文章。墓銘。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぼひめい【墓碑銘 epitaph】

一般に墓石に刻まれた銘文をいう。ただし,墓石のみならず棺その他に記されたものをも含む。墓石などに銘を刻んで故人を追憶,顕彰する習俗は,洋の東西,古今を問わず広くみられる。ここでは西洋におけるその伝統の源流というべき古代ギリシア・ローマ世界の墓碑銘について述べる。東洋に関しては〈墓誌〉の項目を参照されたい。なお,銘文は,とくに西洋では故人自らの作になる場合もあり,有名なものが少なくない。 ギリシアにおいては前700年ころから,ローマにおいては前200年代から跡をとどめ,古代末期まで続き,さらに中世以降に受け継がれていく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼひめい【墓碑銘】

死者の経歴・業績などを刻んだ、墓石の字句や文章。墓銘。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

墓碑銘の関連キーワード金石文金文卵塔一番出しサルーキ銘文音溝ソナタダキエザ仏足石の歌逆修墓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墓碑銘の関連情報