コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比田井天来 ひだい てんらい

7件 の用語解説(比田井天来の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

比田井天来

書家。長野県生。名は象之、字は万象、通称を鴻、別号に大撲・画沙。日下部鳴鶴の高弟。東美校等で教鞭を執り、文部省習字科教員検定試験委員となった。古碑法帖を研究し、古典の臨書に新分野を開拓した。『支那に於ける書道』の著が有名。帝国芸術院会員。昭和14年(1939)歿、68才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひだい‐てんらい〔ひだゐ‐〕【比田井天来】

[1872~1939]書家。長野の生まれ。名は鴻。日下部鳴鶴(くさかべめいかく)の門下。古碑帖に直接学んで新境地を開いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

比田井天来 ひだい-てんらい

1872-1939 明治-昭和時代前期の書家。
明治5年1月23日生まれ。日下部鳴鶴(くさかべ-めいかく)にまなぶ。東京高師講師,文部省検定試験委員などをつとめる。書学院をひらき,法帖(ほうじょう)類を刊行した。昭和12年尾上柴舟(さいしゅう)とともに芸術院会員。昭和14年1月4日死去。68歳。長野県出身。名は象之(しょうし)。通称は鴻(こう)。別号に画沙,大樸。著作に「学書筌蹄(せんてい)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ひだいてんらい【比田井天来】

1872‐1939(明治5‐昭和14)
書家。長野県の素封家に生まれた。名は象之,通称は鴻。字は子漸。天来は号。早くから上京し漢学を学んだが,やがて巌谷一六,日下部鳴鶴に書を学んだ。初めは鳴鶴流であったが,碑版法帖に深い造詣をもち,臨書の研究を積み,独自の新しい書風を完成した。書学院を創立して多くの子弟を養成,また法書類の刊行につとめ,書道界に大きく貢献した。東京美術学校などで教え,文部省習字科検定委員に任じ,書家として初の帝国芸術院会員となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひだいてんらい【比田井天来】

1872~1939) 書家。長野県生まれ。名は鴻。日下部鳴鶴くさかべめいかく門に入る。古碑帖の研究で新境地を開拓。書道教育にも尽力。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比田井天来
ひだいてんらい

[生]明治5(1872).1.23. 長野
[没]1939.1.4. 横浜
書家。名は象之,通称を鴻,字は子漸,号は天来。二松学舎を卒業し日下部鳴鶴に書を学んだ。東京高等師範学校その他に奉職,また文部省習字科教員検定試験委員をつとめた。独特風雅な書風をもって知られ,また碑版,法帖に対する造詣も深く,臨書にすぐれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

比田井天来
ひだいてんらい
(1872―1939)

書家。名は象之、字(あざな)は万象、子漸、天来は号で、江鳥と通称し、鴻(こう)と署名した。長野県北佐久郡の人。早くから上京、二松(にしょう)学舎で漢学を学んだ。やがて書を日下部鳴鶴(くさかべめいかく)に師事、その感化によって碑法帖(ほうじょう)多数を収蔵し、深い造詣(ぞうけい)があった。古典臨書の研究を重ねて、新しい書の理念、独自の書風を確立、書壇に革新の風を吹き込んだ。彼の書道芸術社には彼を信奉する多くの若者が集まり、上田桑鳩(そうきゅう)、桑原翠邦(すいほう)、手島右卿(ゆうけい)ら、以後の書壇を牽引(けんいん)する逸材が巣立った。また、書学院を創立、法帖類の刊行は書道界に大きく貢献するものであった。東京高等師範学校講師、文部省習字科検定委員を歴任。仮名の尾上柴舟(おのえさいしゅう)とともに帝国芸術院会員に推挙(1937)された。『学書筌蹄(せんてい)』『天来翁書話』などの著作がある。夫人の小琴(しょうきん)は仮名、子息南谷(なんこく)は前衛の書家である。[尾下多美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の比田井天来の言及

【書】より

…かくして一般に六朝風と呼ぶ北魏の書の研究が急速に進み,唐様書家の書風に大きい変化をもたらした。日下部鳴鶴の弟子,比田井天来(ひだいてんらい)(1872‐1939)は碑法帖など広く研究を進め,書学院を開いて多くの子弟を養成し,現代書道界に与えた影響が大きい。義務教育が始まり,書道においては御家流を改めて唐様系の書を採用し,巻菱湖の書が学校教育に受け入れられて,その系統の村田海石(1835‐1912)の習字手本が多く用いられた。…

※「比田井天来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

比田井天来の関連キーワード素封家羽仁五郎長野県長野市上ケ屋長野県長野市桜長野県長野市鑪長野県埴科郡長野県長野市南長野桑原黙斎村山久良矢野幸左衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

比田井天来の関連情報