コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内信興 おおこうち のぶおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内信興 おおこうち-のぶおき

1630-1691 江戸時代前期の大名。
寛永7年8月11日生まれ。松平信綱(のぶつな)の5男。松平(大河内)家。将軍徳川家綱の小姓から延宝7年若年寄となり武蔵(むさし)・下総(しもうさ)に1万2000石を領す。天和(てんな)2年奏者番となり常陸(ひたち)(茨城県)土浦藩主。2万2000石。貞享(じょうきょう)4年大坂城代となり1万石の加増をうけた。元禄(げんろく)3年京都所司代。元禄4年閏(うるう)8月12日死去。62歳。初名は治綱(はるつな)など。通称は采女。因幡守(いなばのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大河内信興の関連キーワード大河内輝貞寿窓元貞尼松平信興

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android