コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大河内正質 おおこうち まさただ

1件 の用語解説(大河内正質の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河内正質 おおこうち-まさただ

1844-1901 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)15年4月11日生まれ。越前(えちぜん)(福井県)鯖江(さばえ)藩主間部詮勝(まなべ-あきかつ)の5男。大河内正和(まさとも)の養子となり,文久2年上総(かずさ)(千葉県)大多喜藩大河内(松平)家9代。奏者番,若年寄をへて,慶応3年老中格。4年の鳥羽・伏見の戦いでは幕軍を指揮し,敗れて一時領地を没収された。子爵。貴族院議員。明治34年6月2日死去。58歳。初名は飽徳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大河内正質の関連キーワード曲芸正岡子規井関隆子武田秀平平手造酒弘化黄埔条約米中関係新聞小説甘糟春女

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone