大河平兵衛(読み)おおかわ へいべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大河平兵衛 おおかわ-へいべえ

1773-1842 江戸時代後期の社会事業家。
安永2年生まれ。下総(しもうさ)埴生郡(はぶぐん)(千葉県)の人。近隣の村での堕胎風習をなくすため,3人以上子のいる家に育児金をあたえた。また貸付金利子をたくわえ,年末に窮民をすくった。子の大河酔月が跡をつぎ,悪習絶滅をはかった。天保(てんぽう)13年死去。70歳。号は楽山

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android