コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大法大闡 だいほう だいせん

1件 の用語解説(大法大闡の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大法大闡 だいほう-だいせん

1306-1384 南北朝時代の僧。
徳治(とくじ)元年生まれ。武蔵(むさし)の人。臨済宗(りんざいしゅう)京都天竜寺夢窓疎石(むそう-そせき),建仁寺嵩山居中(すうざん-こちゅう)に師事し,疎石の法をつぐ。応安元=正平(しょうへい)23年鎌倉浄智寺の住持となり,のち円覚寺,ついで天竜寺の住持をつとめた。至徳元=元中元年閏(うるう)9月24日死去。79歳。俗姓は山名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大法大闡の関連キーワード向阿弘和吉野朝時代顕円孝尊周嗣定尊中庭宗可妙吉黙翁妙誡

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone