大洗海岸(読み)おおあらいかいがん

世界大百科事典 第2版の解説

おおあらいかいがん【大洗海岸】

茨城県東部の海岸太平洋に臨み,那珂川河口から南へ約2kmの範囲で,レキ岩が岩礁状に露出する間に砂浜を配し,怒濤(どとう)の美は〈水戸を離れて東へ三里,浪の華散る大洗〉と民謡《磯節》に歌われる。大洗岬,大洗磯前神社などの景勝地,水族館,海水浴場施設に恵まれ,南隣する磯浜海岸とともに,明治中期以来,海水浴の適地として知られ,県外からの観光客も多い。【中川 浩一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

大洗海岸

茨城県東茨城郡大洗町、那珂川河口の南側に広がる太平洋に面した海岸。明治時代から海水浴の好適地として知られる。砂浜の背後には長さ2km、面積70ヘクタールにわたり松林が広がり、「日本の白砂青松100選」にも選定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大洗海岸の関連情報