コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大洗海岸 おおあらいかいがん

1件 の用語解説(大洗海岸の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおあらいかいがん【大洗海岸】

茨城県東部の海岸。太平洋に臨み,那珂川河口から南へ約2kmの範囲で,レキ岩が岩礁状に露出する間に砂浜を配し,怒濤(どとう)の美は〈水戸を離れて東へ三里,浪の華散る大洗〉と民謡《磯節》に歌われる。大洗岬,大洗磯前神社などの景勝地,水族館海水浴場施設に恵まれ,南隣する磯浜海岸とともに,明治中期以来,海水浴の適地として知られ,県外からの観光客も多い。【中川 浩一】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大洗海岸の関連情報