コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津正則 おおつ まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大津正則 おおつ-まさのり

1816-1873 幕末の庄屋。
文化13年生まれ。大津淳一郎の父。天保(てんぽう)13年常陸(ひたち)水戸藩領折笠村(茨城県日立市)の庄屋となる。私財を投じて倉庫をつくり,食糧をたくわえ,飢饉(ききん)時に村民をすくった。安政6年前藩主徳川斉昭(なりあき)の処分撤回をもとめる運動に参加,総代のひとりとなった。明治6年10月10日死去。58歳。通称は東兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大津正則の関連キーワードバイロンサッカー(フットボール)日本郵便制度史(年表)金本位制度畠山太助大不況鉄筋コンクリート構造シュポーアホフマンロッシーニ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android