コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津絵物(読み)おおつえもの

世界大百科事典 第2版の解説

おおつえもの【大津絵物】

大津絵を題材とした所作事の総称。絵の中の人物・動物がぬけ出して踊るという形が多い。(1)《大津絵姿花(おおつえすがたのはな)》 長唄。1778年(安永7)2月江戸市村座初演。作詞2世中村重助。作曲初世杵屋(きねや)正次郎。振付2世西川扇蔵。《藤かつぎの少女》(嵐小式部),《座頭》(市川滝蔵),《奴》(大谷永助)の3曲で3人による3変化形式。(2)《歌へす歌へす余波大津絵(かえすがえすおなごりおおつえ)》 長唄・清元

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android