コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢箪鯰 ヒョウタンナマズ

デジタル大辞泉の解説

ひょうたん‐なまず〔ヘウタンなまづ〕【×××鯰】

《「瓢箪で鯰を押さえる」から》とらえどころのないようす。要領を得ないようす。また、そのような人。
[補説]歌舞伎舞踊別項。→瓢箪鯰

ひょうたんなまず【瓢箪鯰】[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊。長唄常磐津(ときわず)掛け合い七変化「拙筆力七以呂波(にじりがきななついろは)」の一。2世瀬川如皐作詞、10世杵屋六左衛門ら作曲。文政11年(1828)江戸中村座初演。瓢箪で鯰を押さえようとする大津絵の絵柄を舞踊化したもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

瓢箪鯰の関連キーワード歌舞伎舞踊鯰に瓢箪ときわ鯰押え常磐津ナマズ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓢箪鯰の関連情報