コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津脚絆 オオツキャハン

デジタル大辞泉の解説

おおつ‐きゃはん〔おほつ‐〕【大津脚×絆】

《大津で作られたところから》綿布製で下を狭くし、上下にひもをつけた脚絆。紺染めが普通。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおつきゃはん【大津脚絆】

江戸時代、上方で多く用いられた脚絆。木綿で作り、上下にひもを付ける。大津で作られた。 → 江戸脚絆

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の大津脚絆の言及

【脚絆】より

…脛巾と脚絆の区別は,一般的には,脛巾は稲わら,ガマ,イグサなどでつくられたもの,脚絆は主として布製のものとされるが,現在では地域によっては脛巾と脚絆の両方の語が用いられ,現物も混同しているようである。平型と筒型があり,平型には扇形の布の上下に紐をつけて脛に巻く大津脚絆と,脛の太さに応じた〈まち〉を入れて扇形とし,これを巻いて上から下までこはぜでとめる江戸脚絆とがある(図)。筒型のものは筒脚絆ともいい,脛の太さに合わせて円筒形につくり,上下に紐をつけて結ぶ。…

※「大津脚絆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大津脚絆の関連キーワード脚絆・脚半江戸脚絆

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android