三度飛脚(読み)さんどびきゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「三度飛脚」の解説

三度飛脚
さんどびきゃく

江戸時代の町飛脚の一称。元和1 (1615) 年大坂城定番が江戸の家族に通信するために毎月3度8の日に士卒飛脚にして走らせたことからこの名がある。その後,寛文3 (63) 年幕府の公許を得た町飛脚が生れ,江戸,京都,大坂を毎月3度往復するようになった (翌年より毎月2の日に変更された) 。当時,この飛脚の数は,江戸7名,京都3名,大坂4名で,東海道を6日で走ったことから「定六 (じょうろく) 」とも呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「三度飛脚」の解説

三度飛脚
さんどびきゃく

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
享保1.秋(大坂・大三郎八重桐座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「三度飛脚」の解説

さんど‐びきゃく【三度飛脚】

〘名〙 (「さんどひきゃく」とも) 江戸時代、江戸・大坂間を毎月三度定期的に往復した飛脚。元和元年(一六一五)大坂城定番の諸士がその家来を飛脚とし、東海道各宿の問屋場役人と協議のうえ人馬の提供をうけて、毎月三度、日数八日を限って往復したのに始まる。町飛脚。三度。
※俳諧・嵯峨日記(1691)「人の汲間を釣瓶待也〈丈草〉 有明に三度飛脚の行哉らん〈乙州〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「三度飛脚」の解説

三度飛脚
さんどびきゃく

江戸時代,毎月3度江戸と上方の間を往復した町飛脚
東海道を6日で走ったので「定六 (じようろく) 」ともいう。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の三度飛脚の言及

【飛脚】より

… 一般には三都およびその周辺各地を連絡する飛脚屋があり,百姓町人のみでなく一部は藩などの飛脚業務も請け負った。三都間では江戸の定(じよう)飛脚,京の順番飛脚,大坂の三度飛脚が有名である。江戸の成立事情を反映して江戸と京,大坂との連絡に従事した。…

【郵便】より

…諸国の大名が江戸と領地間に飛脚便を開設する事例もあり,私用のための町飛脚も発達してきた。町飛脚は幕府から定飛脚の免許を受け,東海道を6日かかって運行したことから定六(じようろく)と呼ばれ,毎月3度往復したことから三度飛脚とも呼ばれた。 明治維新は生活をとりまくすべての文化を革新し,近代的な統一国家を形成しようとするものであった。…

※「三度飛脚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android