大津馬(読み)おおつうま

精選版 日本国語大辞典「大津馬」の解説

おおつ‐うま おほつ‥【大津馬】

〘名〙 近江国(滋賀県)大津宿駅で使われていた、荷物運送用の馬。大津。
※新撰六帖(1244頃)一「関越えてけふも暮れぬと大津馬のをのか一つれ道いそぐなり〈藤原知家〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「大津馬」の解説

おおつ‐うま〔おほつ‐〕【大津馬】

大津の宿駅で荷物の運送に使われていた馬。
「―の、雨の降りたる日、粟田口の大道を通りけるに」〈著聞集・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android