コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦光信 おおうら みつのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大浦光信 おおうら-みつのぶ

1460-1526 室町-戦国時代の武将。
寛正元年生まれ。陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)藩主津軽(つがる)氏の祖。延徳3年種里(たねさと)(西津軽郡鰺ケ沢(あじがさわ)町)にはいる。郡内の旧勢力を駆逐して津軽中心部への進出をはかり,文亀(ぶんき)2年大浦城をきずいた。4代あとの津軽為信が弘前藩主初代となる。大永(たいえい)6年死去。67歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大浦光信の関連キーワード岩木[町]戦国時代種里城岩木

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android