コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大浦忠左衛門 おおうら ちゅうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大浦忠左衛門 おおうら-ちゅうざえもん

?-1743 江戸時代中期の武士。
対馬(つしま)(長崎県)府中藩家老。藩士陶山鈍翁(すやま-どんおう)を起用して,肥前田代(佐賀県)の領地と久留米(くるめ)藩領との境界問題を有利に解決するなど藩政をととのえた。享保(きょうほう)2年朝鮮聘礼使(へいれいし)参判をつとめ,7年朝鮮信使奉行となった。寛保(かんぽう)3年6月21日死去。本姓は宮川。名は倫之。号は節翁。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大浦忠左衛門の関連キーワードツンベリーノイマン(Johann Balthasar Neumann)ルソー(Jean-Jacques Rousseau)小中一貫教育生島新五郎烏亭焉馬江戸半太夫尾形乾山カートライト亀井南冥

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android