コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大為爾 タイニ

デジタル大辞泉の解説

たいに〔たゐに〕【大為×爾】

仮名文字を習得するための、同じ仮名を二度用いないで47字全部を使った五・七調の歌。「あめつちの詞(ことば)」に次いで作られ、「いろは歌」に先行するものと考えられている。源為憲(みなもとのためのり)の「口遊(くちずさみ)」にみえる。「たゐにいて(田居に出で)なつむわれをそ(菜摘む我をぞ)きみめすと(君召すと)あさりおひゆく(あさり追ひ行く)やましろの(山城の)うちゑへるこら(打ち酔へる子等)もはほせよ(藻は干せよ)えふねかけぬ(え舟繋けぬ)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいに【大為爾】

〔「大為爾」は四七字の初めの三文字の万葉仮名より〕
四七字の仮名を繰り返さずに、全部使って作られた、「たゐ(田居)にい(出)で、な(菜)つ(摘)むわれ(我)をぞ、きみ(君)め(召)すと、あさ(求食)りお(追)ひゆ(行)く、やましろ(山城)の、うちゑ(打酔)へるこ(子)ら、も(藻)はほ(干)せよ、えふね(舟)か(繫)けぬ」という五七調の歌詞。「あめつちの詞」に次ぐもので、平安中期頃の「いろは歌」に先行して作られたと考えられる。源為憲の「口遊くちずさみ」(970年成立)に見える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大為爾の関連キーワード手習い詞万葉仮名あめつち源為憲五七調口遊

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android