コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源為憲 みなもとのためのり

8件 の用語解説(源為憲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

源為憲
みなもとのためのり

[生]?
[没]寛弘8(1011)
平安時代中期の文学者。忠幹 (ただもと) の子。蔵人,式部丞を経て,遠江,美濃,伊賀の国守を歴任。学問を源順 (したごう) に学び,天禄1 (970) 年藤原為光の子誠信のために辞書『口遊 (くちずさみ) 』 (1巻) ,永観2 (984) 年冷泉天皇の第2皇女尊子のために仏教説話集三宝絵詞 (えことば) 』,寛弘4 (1007) 年藤原頼通のために『世俗諺文 (げんぶん) 』 (3巻) を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みなもと‐の‐ためのり【源為憲】

[?~1011]平安中期の学者・文人。源順(みなもとのしたごう)に師事。漢詩をよくした。著「三宝絵詞」「口遊(くちずさみ)」「世俗諺文」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

源為憲【みなもとのためのり】

平安中期の漢詩人。従五位下源順の門下で,文章生(もんじょうのしょう)出身で内記,蔵人(くろうど),式部丞を務め,美濃,遠江,美作,伊賀の国司を歴任した。詩文撰集《本朝詞林》は散逸したが,《本朝文粋》《和漢朗詠集》に作品がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源為憲 みなもとの-ためのり

?-1011 平安時代中期の官吏,漢詩人。
光孝源氏。遠江(とおとうみ),伊賀などの国守を歴任した。文章生(もんじょうしょう)の出身で,源順(したごう)に師事。権門子女のために「口遊(くちずさみ)」「三宝絵詞」「世俗諺文(げんぶん)」などの教養書をあらわした。評伝に「空也上人誄(くうやしょうにんるい)」。詩文は「本朝麗藻」などにみえる。寛弘(かんこう)8年8月死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

源為憲

没年:寛弘8.8(1011)
生年:生年不詳
平安中期の官人,文人。字は澄。筑前守忠幹の子。文章生出身で蔵人を経験したのち 遠江守,美濃守(これを希望して提出した申文が『本朝文粋』に載る)などの地方官を歴任し,伊賀守在任中に死去。早くから源順に師事し漢詩文に抜きんでた。一条天皇時代の「文士」の才人にあげられ,文人としての逸話が『江談抄』などに多くみえる。天禄1(970)年,藤原為光の子誠信のために『口遊』(貴族の教養として必須の教材を暗唱しやすいように編集分類したもの),永観2(984)年に18歳で出家した冷泉天皇皇女の尊子内親王のために『三宝絵詞』(草仮名と絵から成る仏教の入門書。後世の説話集に大きな影響を与えた)を,さらに寛弘4(1007)年には藤原頼通のために『世俗諺文』(成句,諺を編集しその出典を明記したもの)など,権門子女のための教養書を著し,ほかに『空也誄』を書くなど仏教に関心を示した。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みなもとのためのり【源為憲】

?‐1011(寛弘8)
平安中期の光孝天皇の皇子是恒親王の曾孫,筑前守源忠幹の子。源順を師として,文章生から蔵人,遠江,美濃,加賀,伊賀の国守を歴任した。《本朝文粋》《和漢朗詠集》などに詩文を残すが,冷泉天皇の皇女尊子内親王のために《三宝絵詞》(984),後の太政大臣藤原為光の長子誠信のために《口遊(くちずさみ)》(970),藤原道長の子頼通のために《世俗諺文(げんもん)》(1007)を書いた,教科書作者でもある。【益田 勝実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みなもとのためのり【源為憲】

?~1011) 平安中期の学者・文人。源順したごうに師事し、漢詩文に秀でる。出家した冷泉天皇皇女尊子たかこ内親王のために「三宝絵詞」を撰進。ほかに著「口遊」「世俗諺文」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

源為憲
みなもとのためのり
(?―1011)

平安時代の文人。光孝(こうこう)源氏、筑前守(ちくぜんのかみ)忠幹の子。文章生(もんじょうしょう)から出て国守を歴任し、従(じゅ)五位下(げ)で終わった。源順(したごう)に師事し、『本朝麗藻(れいそう)』『拾遺(しゅうい)集』などに作品を残すとともに、貴顕の求めに応じて、啓蒙(けいもう)書、入門書を著した。藤原誠信のための『口遊(くちずさみ)』一巻、藤原頼通(よりみち)のための『世俗諺文(せぞくげんぶん(もん))』三巻(現存上巻のみ)、あるいは、尊子内親王に献じた仏教入門書『三宝絵詞(さんぼうえことば)』三巻などである。また『空也誄(くうやるい)』『円融院(えんゆういん)御受戒記』、そしていまは伝わらないが『本朝詞林』などの編著があった。[柳井 滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の源為憲の言及

【三宝絵詞】より

…本来は《三宝絵》という絵巻で,絵が逸亡して詞書だけが残り,かりに説話集なみに扱われている。源為憲が冷泉天皇の皇女尊子内親王の教育用に作った。序によって984年(永観2)冬,円融天皇の女御であった内親王が出家,仏教の概要を知る手引きとして献じたことがわかる。…

※「源為憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

源為憲の関連キーワード文同何執中大蔵種材扶桑集追立の官人領送使四条宮筑前平篤行橘以政前原筑前守

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone