コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口遊 クチズサミ

3件 の用語解説(口遊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くちずさみ【口遊】[書名]

平安時代の教科書・事典。1巻。源為憲(みなもとのためのり)著。天禄元年(970)成立。公家の子弟を対象に、初歩的な知識を暗唱に便利なようにまとめたもの。乾象(天文)・時節・官職・人倫など、19部門に分けてある。くゆう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

口遊【くちずさみ】

平安中期の幼学書。源為憲藤原為光の子の誠信(松雄君)のために書いた。970年成立。口に唱えて暗誦しやすいように編集されている。九九の表や,〈たゐにの歌〉として知られる五十音を覚えるための〈太為爾伊天…〉の字列などを含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

くちずさみ【口遊】

平安時代の初学者用学習書。源為憲著。970年成立。貴族の子弟の学習・暗誦すべき語句を乾象・時節以下一九門に分けて列挙。「大為爾たいに」の歌を載せる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口遊の関連情報