コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊宇太右衛門 おおくま うたえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊宇太右衛門 おおくま-うたえもん

1664-1721 江戸時代前期-中期の歌舞伎役者。
寛文4年生まれ。2代市村竹之丞の門弟で,実事(じつごと)の上手として知られた。元禄(げんろく)末から親仁方(おやじがた)となり,大柄な体格をいかした演技は名人といわれた。享保(きょうほう)6年6月22日死去。58歳。江戸出身。前名は大熊宇田右衛門。俳名は民中。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大熊宇太右衛門の関連キーワード総合年表(アメリカ)工藤治兵衛南部重直秋田藩水野十郎左衛門ニコルズモリエール峻諦プライアーラファイエット夫人

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android