コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大熊弁玉 おおくま べんぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大熊弁玉 おおくま-べんぎょく

1818-1880 江戸後期-明治時代の僧,歌人。
文政元年生まれ。浄土宗。江戸増上寺でまなび嘉永(かえい)4年相模(さがみ)(神奈川県)三宝寺の住職となる。歌を橘守部(たちばな-もりべ),岡部東平にまなぶ。近藤芳樹,大沼枕山(ちんざん)らと親交があった。明治13年4月25日死去。63歳。江戸出身。号は善蓮社浄誉慶阿。歌集に「弁玉詠草」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大熊弁玉の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android